十五夜のくるみ餅

September 24, 2018

 

今年もこの季節がやってきました。
私たちの地元・板持では、秋祭りの時期になると、

昔から枝豆をすりつぶして餡を作る「くるみ餅」を自宅で作っていました。
私も小さい頃おばあちゃんが作ってくれていた、大好きなお餅です。
ずんだ餅とも呼ばれていますが、こちらではくるみ餅と呼んでいました。

 


数年前、大豆をすりつぶす石臼の付いた機械を中古で譲ってもらってから、
当店でも一からくるみ餅を作るようになりました。

枝豆をさやから取り出し、豆を包んでいる皮を一つ一つ

丁寧に外していくので、すりつぶす前までの作業にとても手間がかかります。

 

最近では市販でもずんだ餅や、くるみ餅がみられるようになっていますが、
いずれも枝豆以外に大豆を潰したものが入っています。
ですが、地元で作るくるみ餅は枝豆が100%。

ほんのり甘い枝豆餡の中に、枝豆の味がきちんとする、
どこにもない味なんです。

 

当店のくるみ餅は枝豆そのものに比べると、餡の色にもばらつきがあります。
これは仕入れる時期によって枝豆の種類(茶豆など)が違うこと、
そして着色料などの添加物を使っていないためです。

着色料を使って色を均一にすることはあえてしていません。
 


そして今年も自家製餡のくるみ餅ができましたので、
お餅入りのくるみ餅を初めて販売することになりました。

 

丸い木の器に入れた20個の白玉だんごの上に、

たっぷりとくるみ餡を入れました。
価格は、1個 1200円(税込)です。

 

こちらの商品は、枝豆とお砂糖のみで仕上げており、

白玉だんごにも添加物や保存料を含みません。
翌日にはお団子が固くなってしまいますが、
この日だけの味を楽しんでいただきたいと思っています。


このため消費期限が販売日当日となりますのでご了承ください。
ご注文いただく際は、前日までにご予約をお願いしております。
どうぞ一度ご賞味ください。

 

 

そんな今日は、中秋の名月、十五夜です。
美しい月が見えますように。

 

Please reload

最新記事

September 8, 2019

January 21, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

  • suika Instagram

水菓(すいか)
富田林市西板持町7-11-14
tel.080-2533-3177

© 2019 suika